有酸素運動で下がる理由

有酸素運動で下がる理由

血圧が高い人に有酸素運動がすすめられるのは、血圧を下げる効果が期待できるからです。

しかしながら、いったいどうして有酸素運動のような適度な運動が血圧を下げるのか、疑問に感じている人もいるでしょう。

今回は有酸素運動で血圧が改善する理由を説明しますので、興味のある人は一読してみてください。

有酸素運動により得られる効果

たとえば1週間に5~6日、1日あたり1時間といった具合に、十分な運動効果が得られるレベルの有酸素運動を継続した場合、心肺機能が高まり、血液のめぐりがスムーズになるほか、代謝もアップします。

このようなよい体の変化が起こると、中性脂肪値が低下したり、善玉コレステロール値が高まるなど、健康にいい効果がもたらされるようになるのです。

結果として生活習慣病である高血圧、高脂血症、糖尿病などの改善や予防につながります。

生活習慣病はお互いに関係性を持っているものもありますので、トータルで対策できるのは有酸素運動の素晴らしいところです。

血圧が低下する仕組み

まず、有酸素運動をおこなうことにより、心房性ナトリウム利尿ペプチド(HANP)と呼ばれるホルモンが分泌されます。

このホルモンはちょっとした運動をおこなうだけでも分泌されるものですが、腎臓から余分なナトリウムが尿として排泄されるのが促されたり、結果拡張作用がもたらされたりします。

その結果、血圧が低下するという効果が得られるのです。

また、有酸素運動をすることによって、上記のホルモンが分泌される以外に、プロスタグランジン、タウリンが増加するという作用ももたらされます。

これらの物質には、血圧を下げる効果が期待されているのです。

そのほか、血圧を上昇させてしまうホルモンとしてレニン、アルドステロン、バソプレシン、カテコールアミンといったものが挙げられますが、これらの分泌が有酸素運動によって抑えられるともいわれています。

また、有酸素運動によってダイエット効果がもたらされて、内臓脂肪が減ることによっても血圧が下がるという作用がもたらされます。

スポンサーリンク

有酸素運動で下がる理由 関連ページ

種類やポイント
血圧を下げるためには、適度な運動をするのがおすすめです。 中でも、有酸素運動は血圧対策にいいということで推奨さ […]
注意点
◆注意点 血圧を下げるための対策として有酸素運動をおこなう際には、いくつか気をつけなければいけないことがありま […]

トラックバックURL

http://koketsuatsu.hatsuratsu.org/sageru_yusanso_undo/undo_sagaru_riyuu/trackback/