ゆっくりとよく噛んで腹八分目

ゆっくりとよく噛んで腹八分目

食生活を見直すことにより、血圧を下げるのに効果的ですが、よくゆっくりとよく噛み、腹八分目にとどめましょうという情報を見聞きします。

どれもどこか漠然としていて、ゆっくりとはいうけれど何分ぐらい時間をかければいいのかなど、疑問に感じたことはないでしょうか。

今回は食事にかける時間、咀嚼回数、腹八分目の目安量について取り上げますので、興味のある人はチェックしてみてください。

ゆっくりは何分?

まず、食事はゆっくりと時間をかけて食べましょうという曖昧な情報について、具体的に何分のことをいっているのか説明します。

食事にかける時間は、基本的に30分以上が望ましいといわれています。

満腹中枢が満腹と感じるまでには、20分ほどの時間が必要で、早食いをすると必要以上に食べ過ぎてしまう原因になってしまうのです。

よく噛むのは何回?

咀嚼回数に関しては、一口あたり20~30回、もっと噛めるようであればこれ以上の回数噛むのがおすすめです。

しっかりと噛むことにより、満腹中枢が刺激を受けやすくなり、食べ過ぎの防止にもなります。

また、よく噛んで食べることで、自然に食事の時間も十分にかけられるようになるでしょう。

腹八分目はどれくらい?

簡単にいうと、いつもお腹いっぱいになるまで食べているという人は、普段の量の80%に変えれば自ずと腹八分目になります。

時間をかけてよく噛む食事をするようになると、その量でも多いと感じるかもしれません。

その場合にはさらに減らした量の80%程度の量に減らして、ちょうどよいと思える量に調整しましょう。

お腹がいっぱいではなけれど、食事量に満足できている状態が腹八分目なのです。

食事で満足感を得るコツ

毎日の食事の際に使用している茶碗や皿を、ひとまわり小さいものに変えてみましょう。

大きいものと比べるとボリュームがあるような印象を受けて、同じ量でも小さい茶碗や皿のほうが食事での満足感が得やすくなります。

スポンサーリンク

ゆっくりとよく噛んで腹八分目 関連ページ

塩分と血圧
塩分の摂り過ぎは血圧の上昇を招いてしまい、高血圧の原因になってしまいます。 予防のためには男性の場合1日10g […]
加工食品の塩分に注意
血圧を下げるための対策として、塩分の摂取量を控えるのが効果的ですが、多くの人は調味料から摂る塩分しか気にしてい […]
外食時の注意・ポイント
外食時の注意・ポイント 外食をする頻度が高い人は、健康を害するリスクが大きいといえます。 今回は外食が健康によ […]

トラックバックURL

http://koketsuatsu.hatsuratsu.org/sageru_syokuji_shikata/yukkurikannde/trackback/