外食時の注意・ポイント

外食時の注意・ポイント

外食時の注意・ポイント

外食をする頻度が高い人は、健康を害するリスクが大きいといえます。

今回は外食が健康によくなり理由を解説すると共に、外食時の注意点や上手に摂るためのポイントを紹介します。

外食が健康を害するリスクを大きくする理由

全てのメニューに当てはまるわけではありませんが、ラーメン、うどん、そば、パスタ、カレー、牛丼、天丼、カツ丼、しょうが焼き、寿司、ハンバーグといったものは、濃い味付けの場合が多く、一食分の塩分摂取量やカロリー摂取量も多くなりやすいのがネックです。

塩分を摂り過ぎてしまうと血圧の上昇を招いてしまい、カロリー過多になると肥満の原因になり、さらに肥満が血圧の上昇を招くという悪循環ができてしまいます。

外食時の注意点

塩分やカロリーの摂り過ぎにならないようなヘルシーなメニューを選ぶのが望ましいのですが、そうではない場合、ほかの方法で血圧上昇や肥満を招かないようにしなくてはいけません。

たとえば、塩分の摂取量を少なくしたい場合には、スープや汁を少量だけ飲むか、全部残すと摂り過ぎになりにくいでしょう。

それから、付け合せの漬け物には塩分が多く含まれているため、摂らないに越したことはありません。

また、カロリーをセーブするためには、たとえば牛丼なら大盛りではなく並盛りにするなど、量を少なくするのが効果的です。

そのほか、揚げ物を摂る際には衣を半分程度取り除いて食べると摂取カロリーを抑えられます。

上手な外食の摂り方

ポイントとしては前項で挙げたことを実践するほか、栄養バランスの取れた食事を摂ることが大切です。

いろいろな食材が入っている定食を選んだり、単品料理のサラダなどを注文して食べると、栄養が偏りにくくなります。

また、外食で不足している栄養に関しては、別の食事機会でカバーするのも効果的です。

食事だけで栄養バランスが摂れなかったり、塩分の過剰摂取やカロリーオーバーになりそうな場合には、不足分をサプリメントで補うのもよいでしょう。

スポンサーリンク

外食時の注意・ポイント 関連ページ

塩分と血圧
塩分の摂り過ぎは血圧の上昇を招いてしまい、高血圧の原因になってしまいます。 予防のためには男性の場合1日10g […]
加工食品の塩分に注意
血圧を下げるための対策として、塩分の摂取量を控えるのが効果的ですが、多くの人は調味料から摂る塩分しか気にしてい […]
ゆっくりとよく噛んで腹八分目
食生活を見直すことにより、血圧を下げるのに効果的ですが、よくゆっくりとよく噛み、腹八分目にとどめましょうという […]

トラックバックURL

http://koketsuatsu.hatsuratsu.org/sageru_syokuji_shikata/gaisyoku_tyui/trackback/