ARBの特徴・効果・副作用・注意点な

ARBの特徴・効果・副作用・注意点な

高血圧の薬物療法で用いられる主要な薬の種類として、ARBが挙げられます。

これはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬とも呼ばれていますが、ここではこの薬の効果、副作用や注意点、おもな薬の種類について説明します。

ARBの効果

血圧を上昇させるポリペプチドの一種であるアンジオテンシンは、アンジオテンシン変換酵素によりアンジオテンシンⅡに変換されます。

そしてアンジオテンシンⅡは受容体と結び付いて血圧を高める作用をもたらすのですが、高血圧の人にとっては血圧コントロールのための邪魔でしかありません。

そのためこのARBを使用することにより対策をするのが、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬ともいわれているとおり、アンジオテンシンⅡが受容体と結び付いてしまうのを邪魔してくれるのです。

それと同時に、血管を拡げることにより血圧低下作用をもたらしてくれます。

国内ではもっとも多く使用されているカルシウム拮抗薬の次に使われている薬ですが、血圧低下作用以外にも心臓や腎臓を保護したり、インスリンの感受性を改善し、糖尿病が引き起こされるのを抑えてくれるという作用ももたらされます。

副作用や注意点

ほかの種類の高血圧に使用されている薬と比較すると、副作用はあまりありません。

引き起こされる可能性のある副作用がないわけではありませんが、たとえば高カリウム血症なんかは確率としてはほとんど0に近いといわれています。

ただし、禁忌として妊婦や妊娠をしているかもしれない人や、重度の肝障害を引き起こしている人、胆汁分泌が極端に悪い人が挙げられます。

おもな薬の種類

ARBと一口にいってもさまざまな種類がありますが、代表的な種類としてロサルタンが挙げられます。

これは商品名だとニューロタンといって、ゆるやかに血圧低下作用がもたらされるのが特徴です。

ほかには、テルミサルタン、商品名はミカルディスといいますが、強めに血圧低下作用がもたらされます。

これら以外にも適度な血圧低下作用が得られる、メドキソミルという商品名のオルメサルタンなど、多くの種類が存在し、高血圧の薬物療法で使用されています。

スポンサーリンク

ARBの特徴・効果・副作用・注意点な 関連ページ

β遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧治療で使用されている薬にはいろいろなものがありますが、その中の一つとしてはβ遮断薬を挙げることができます […]
降圧利尿剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の患者に対しては、状態に応じて投与する薬が決められます。 場合によっては複数の種類が組み合わされることも […]
交感神経抑制薬の特徴・効果・副作用・注意点など
血圧が高く食事療法や運動療法でコントロールができなかった場合、薬物療法が選択されることになります。 さまざまな […]
α1-受容体遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の薬物療法では降圧剤が使用されますが、実にさまざまな種類があり、患者の血圧や状態によって選択される薬が異 […]
ACE阻害剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の薬物療法で使用されるおもな薬の種類の一つとして、ACE阻害薬(えーしーいーそがいやく)を挙げることがで […]
カルシウム拮抗剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の薬物療法で使用される代表的な薬の種類としては、カルシウム拮抗薬(きっこうやく)を挙げることができます。 […]
薬物療法の特徴や注意点
高血圧になった場合にはまず最初に食事療法や運動療法が選択されます。 しかしながら、これらの治療方法で血圧のコン […]

トラックバックURL

http://koketsuatsu.hatsuratsu.org/sageru_kusuri/%ef%bd%81%ef%bd%92%ef%bd%82%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%83%bb%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%83%bb%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%83%bb%e6%b3%a8%e6%84%8f%e7%82%b9%e3%81%aa/trackback/