ACE阻害剤の特徴・効果・副作用・注意点など

ACE阻害剤の特徴・効果・副作用・注意点など

高血圧の薬物療法で使用されるおもな薬の種類の一つとして、ACE阻害薬(えーしーいーそがいやく)を挙げることができます。

別名アンジオテンシン変換酵素阻害薬といいますが、ここではこのACE阻害薬の効果、副作用や注意点、おもな薬の種類について説明していますので、知識を深めたい人はチェックしてみてください。

ACE阻害薬の効果

ACEというのは、血圧を上げる原因となるアンジオテンシンⅠをアンジオテンシンⅡに変換させる物質です。

アンジオテンシン変換酵素ともいい、アンジオテンシンⅡに変換されて受容体と結合することにより、血管収縮作用をもたらして、血圧を高めてしまいます。

ACE阻害薬は、このACE(アンジオテンシン変換酵素)の働きを妨げるための薬のことをいいます。

この薬を使用した場合、ACEを阻害する効果が発揮されて、アンジオテンシンⅡが生み出されるのを防いでくれるのです。

また、それと同時に、血圧を下げる作用をもたらすブラジキニンが分解されることの防止にもなり、これにより起こる一酸化窒素の増加で末梢血管が拡がり、血圧低下作用がもたらされます。

そのほか、臓器障害の進行を未然に防ぐため、各種臓器合併症のほか、糖尿病を患っている人に対しても使用されることがあります。

副作用や注意点

おもな症状としては空咳を挙げることができます。

比較的服用開始後早い段階で症状があらわれますが、薬の使用をやめると治まるのが特徴です。

また、副効用として空咳が誤嚥の防止になるという話も出ており、誤嚥性肺炎の防止になるともいわれています。

そのほかに引き起こされる可能性がある症状としては、高カリウム血症、じんましん、血管浮腫、味覚異常といったものが挙げられます。

それから、禁忌についてですが、排泄が腎臓からおこなわれるため、腎機能の低下が著しい人、奇形の恐れがあるため、妊婦が使用することはできません。

おもな薬の種類

高血圧の薬物療法で使用される代表的な薬の種類としては、ペリンドプリル(商品名はコバシル)、デラプリル(商品名はアデカット)などが挙げられます。

そのほか、心不全を伴っている場合の薬としてはカプトプリル(商品名はカプトリル)、エナラプリル(商品名はレニベース)といったものが代表的です。

また、高血圧とⅠ型糖尿病による糖尿病性腎症が引き起こされている場合の薬には、イミダプリル(タナトリル)があります。

スポンサーリンク

ACE阻害剤の特徴・効果・副作用・注意点など 関連ページ

β遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧治療で使用されている薬にはいろいろなものがありますが、その中の一つとしてはβ遮断薬を挙げることができます […]
降圧利尿剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の患者に対しては、状態に応じて投与する薬が決められます。 場合によっては複数の種類が組み合わされることも […]
交感神経抑制薬の特徴・効果・副作用・注意点など
血圧が高く食事療法や運動療法でコントロールができなかった場合、薬物療法が選択されることになります。 さまざまな […]
α1-受容体遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の薬物療法では降圧剤が使用されますが、実にさまざまな種類があり、患者の血圧や状態によって選択される薬が異 […]
ARBの特徴・効果・副作用・注意点な
高血圧の薬物療法で用いられる主要な薬の種類として、ARBが挙げられます。 これはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬 […]
カルシウム拮抗剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の薬物療法で使用される代表的な薬の種類としては、カルシウム拮抗薬(きっこうやく)を挙げることができます。 […]
薬物療法の特徴や注意点
高血圧になった場合にはまず最初に食事療法や運動療法が選択されます。 しかしながら、これらの治療方法で血圧のコン […]

トラックバックURL

http://koketsuatsu.hatsuratsu.org/sageru_kusuri/%ef%bd%81%ef%bd%83%ef%bd%85%e9%98%bb%e5%ae%b3%e5%89%a4%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%83%bb%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%83%bb%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%83%bb%e6%b3%a8%e6%84%8f%e7%82%b9%e3%81%aa%e3%81%a9/trackback/