カルシウム拮抗剤の特徴・効果・副作用・注意点など

カルシウム拮抗剤の特徴・効果・副作用・注意点など

高血圧の薬物療法で使用される代表的な薬の種類としては、カルシウム拮抗薬(きっこうやく)を挙げることができます。

ここではこの薬の効果、副作用や注意点、おもな薬の種類について解説しますので、参考情報としてお役立てください。

カルシウム拮抗薬の効果

カルシウムは骨や歯に存在し、体を支えるという重要な役割を担っていますが、別の組織にもわずかながら存在しており、筋肉を収縮させる作用をもたらします。

この薬を服用することにより、カルシウムによりもたらされる血管の筋肉収縮による血圧上昇がブロックされます。

そうなると血管拡張作用がもたらされて、血圧が低下する効果が得られるのです。

また、心臓の冠動脈にカルシウム拮抗薬の効果が出ると、心臓に送り込まれる血液量が増加します。

これにより狭心症の発作を未然に防ぐ効果がもたらされます。

なお、カルシウム拮抗薬の種類の中には、血管がけいれんを起こす類の狭心症に使用されるものもあります。

副作用と注意点

大なり小なり薬には副作用が引き起こされるものですが、カルシウム拮抗薬にも副作用のリスクはあります。

引き起こされる可能性のある副作用としてはいろいろなものがありますが、おもなものとしては頭痛やめまい、ほてり感、熱っぽくなる、頻脈や除脈、浮腫、低血圧、便秘、動悸といった症状が挙げられます。

また、カルシウム拮抗薬の種類によってはグレープフルーツを摂取すると作用が強まり、低血圧を招いてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

おもな薬の種類

カルシウム拮抗薬の中で使用されることがもっとも多いのは、ジヒドロピリジン系のものです。

現在使われている降圧剤の中でも高血圧に対する効果が高いと評価されているカルシウム拮抗薬であり、速やかに血圧低下作用をもたらします。

なお、ジヒドロピリジン系の薬としてはノルバスク、アダラート、カルブロック、アテレックといった商品名のものがあります。

スポンサーリンク

カルシウム拮抗剤の特徴・効果・副作用・注意点など 関連ページ

β遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧治療で使用されている薬にはいろいろなものがありますが、その中の一つとしてはβ遮断薬を挙げることができます […]
降圧利尿剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の患者に対しては、状態に応じて投与する薬が決められます。 場合によっては複数の種類が組み合わされることも […]
交感神経抑制薬の特徴・効果・副作用・注意点など
血圧が高く食事療法や運動療法でコントロールができなかった場合、薬物療法が選択されることになります。 さまざまな […]
α1-受容体遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の薬物療法では降圧剤が使用されますが、実にさまざまな種類があり、患者の血圧や状態によって選択される薬が異 […]
ARBの特徴・効果・副作用・注意点な
高血圧の薬物療法で用いられる主要な薬の種類として、ARBが挙げられます。 これはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬 […]
ACE阻害剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の薬物療法で使用されるおもな薬の種類の一つとして、ACE阻害薬(えーしーいーそがいやく)を挙げることがで […]
薬物療法の特徴や注意点
高血圧になった場合にはまず最初に食事療法や運動療法が選択されます。 しかしながら、これらの治療方法で血圧のコン […]

トラックバックURL

http://koketsuatsu.hatsuratsu.org/sageru_kusuri/%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a6%e3%83%a0%e6%8b%ae%e6%8a%97%e5%89%a4%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%83%bb%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%83%bb%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%83%bb%e6%b3%a8%e6%84%8f%e7%82%b9/trackback/