α1-受容体遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など

α1-受容体遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など

高血圧の薬物療法では降圧剤が使用されますが、実にさまざまな種類があり、患者の血圧や状態によって選択される薬が異なります。

場合によっては複数の種類が組み合わされる形で使用することになりますが、種類の一つとしてはα1-受容体遮断剤を挙げることができます。

ここではこのα1-受容体遮断剤に期待できる効果、副作用や気をつけなければいけないこと、代表的なα1-受容体遮断剤の種類について解説しますので、参考情報としてお役立てください。

α1-受容体遮断剤の効果

血圧を上昇させる原因物質の一つにカテコールアミンがありますが、この物質がα受容体と結び付くことにより、血管の収縮が起こり血圧が高まります。

α1-受容体遮断剤はこのカテコールアミンがα受容体と結び付くのをブロックすることで、血管収縮を抑制し、血圧低下作用をもたらすのです。

また、α1-受容体遮断剤は、カテコールアミンが生成されてしまうのを抑える効果も期待でき、これによっても血圧が下がります。

α1-受容体遮断剤は血圧低下作用のほかにも、中性脂肪やコレステロールを下げる効果があり、さらには利尿作用をもたらす効果などがあるのです。

利尿作用があるために、前立腺肥大により引き起こされる排尿障害に対し使用されることもあります。

副作用や注意点

α1-受容体遮断剤は、最初は少ない量から投与がおこなわれるのが一般的です。

いきなり通常どおりの量を使用すると、起立性低血圧を招いてしまい、動悸の症状が起こるほか、めまいや失神といった副作用が引き起こされてしまいます。

そのため、はじめは量を少なくし、様子を見ながら投与する量を多くしていくことになるわけです。

おもな薬の種類

α1-受容体遮断剤と一口にいってもさまざまな種類があります。

高血圧に対し使用されるα1-受容体遮断剤のおもな種類としては、カルデナリン(ドキサゾシン)を挙げることができます。

前立腺肥大に対しても使われている薬の種類としては、ミニプレス(プラゾシン)があります。

スポンサーリンク

α1-受容体遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など 関連ページ

β遮断剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧治療で使用されている薬にはいろいろなものがありますが、その中の一つとしてはβ遮断薬を挙げることができます […]
降圧利尿剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の患者に対しては、状態に応じて投与する薬が決められます。 場合によっては複数の種類が組み合わされることも […]
交感神経抑制薬の特徴・効果・副作用・注意点など
血圧が高く食事療法や運動療法でコントロールができなかった場合、薬物療法が選択されることになります。 さまざまな […]
ARBの特徴・効果・副作用・注意点な
高血圧の薬物療法で用いられる主要な薬の種類として、ARBが挙げられます。 これはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬 […]
ACE阻害剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の薬物療法で使用されるおもな薬の種類の一つとして、ACE阻害薬(えーしーいーそがいやく)を挙げることがで […]
カルシウム拮抗剤の特徴・効果・副作用・注意点など
高血圧の薬物療法で使用される代表的な薬の種類としては、カルシウム拮抗薬(きっこうやく)を挙げることができます。 […]
薬物療法の特徴や注意点
高血圧になった場合にはまず最初に食事療法や運動療法が選択されます。 しかしながら、これらの治療方法で血圧のコン […]

トラックバックURL

http://koketsuatsu.hatsuratsu.org/sageru_kusuri/%ce%b1%ef%bc%91-%e5%8f%97%e5%ae%b9%e4%bd%93%e9%81%ae%e6%96%ad%e5%89%a4%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%83%bb%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%83%bb%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%83%bb%e6%b3%a8%e6%84%8f%e7%82%b9/trackback/