飲酒

飲酒

血圧を下げるためには、生活習慣の改善が効果的ですが、飲酒の習慣がある人は、アルコールと血圧の関係を知っておいたほうがよいでしょう。

ここではアルコールで血圧が上がる仕組みやアルコールと血圧にまつわる誤解、お酒をやめる必要の有無について取り上げていますので、参考にしてみてください。

飲酒により血圧が上がる仕組み

お酒にはアルコールが含まれていますが、血圧が高くなってしまう理由としては、血管が収縮したり、交感神経が昂り心臓の拍動が速くなること、飲酒により体内のマグネシウム、カリウム、カルシウムが失われてしまうことなどが挙げられます。

そのほかにも、お酒に含まれているカロリーで太り、肥満からくる血圧の上昇を招いてしまったり、つまみに含まれるカロリー、塩分も血圧が高くなる原因となるのです。

飲酒で血圧が下がるのではないのか

人によってはアルコールを摂ると血圧が下がると思っていますが、これは完全に間違っているわけではありません。

というのも、お酒を飲むと血流が改善し、その結果として血圧が低下するという作用がもたらされるからです。

しかしながら、誤解してはいけないのが飲めば飲むほどいいわけではないということです。

飲酒により血圧低下作用がもたらされるのは一時的なことであり、就寝前には低くても、翌朝には高くなってしまうことが多いのです。

飲み過ぎた場合には上がり方もひどくなってしまいますので、お酒を飲んでいるほうが高血圧にいいとは思わないようにしたほうがよいでしょう。

完全にアルコールを断たなければいけないのか

厳しく制限されているわけでなければ、必ずしも断酒しなくてはいけないわけではありません。

適正飲酒(一般的な種類の場合でビール中ビン1本、日本酒1合、焼酎0.6合、ウイスキーダブル1杯、ワイン4分の1本、缶チューハイ1.5本、女性はこれより少なめを目安に)にとどめ、休肝日を週の半分は確保すれば、血圧への悪影響はさほど及ばないでしょう。

また、脂っこいつまみや塩分量の多いおつまみを避けることも、血圧を下げる生活習慣としては欠かせません。

スポンサーリンク

飲酒 関連ページ

季節による注意点:冬
冬は血圧に不安がある人にとって、注意を要する季節です。 血圧が急激に上昇する原因を知り、適切な対策を取ることが […]
季節による注意点:夏
年間を通じて、血圧で警戒すべき季節は冬だけと思っている人もいるのではないでしょうか。 しかしながら、そう認識し […]
喫煙
血圧が気になる人の中には、タバコを吸っているという人も多いでしょう。 高血圧の原因にはならないといわれてもいる […]
ストレス
血圧の数値と生活習慣には密接なつながりがありますが、ストレスを溜め込むような暮らしをしていると血圧が上昇してし […]
カリウム不足
カリウムとは、マグネシウムなどと同様に体に必要なミネラルの一つです。 カリウムは、ナトリウムと水分を引きつるこ […]
塩分
高血圧の原因として最も知られているのは、塩分の過剰摂取ではないでしょうか。 人間は太古に岩塩を発見して以来、塩 […]
肥満やストレス
昨今、メタボリックシンドロームという言葉の定着によって、肥満が危険であるということが認知されるようになってきま […]
活性酸素(フリーラジカル)
高血圧の主な原因の一つに、活性酸素というものがあります。 これはフリーラジカルとも呼ばれ、意味としては「自分で […]
腎臓の障害
多くの高血圧の原因といわれているものに、腎臓の障害があります。 腎臓と言うのは体内の老廃物をろ過したり、余分な […]
糖尿病でドロドロ血
日本において、成人の5~6人に1人は、糖尿病の患者かその予備軍であるといわれています。 糖尿病はその名前から、 […]

トラックバックURL

http://koketsuatsu.hatsuratsu.org/koketsuatsu/%e9%a3%b2%e9%85%92/trackback/